acc9e348d5b43331f4314be60e6ad2df_s.jpg



明石ダコは、明石海峡のカニやエビ、貝などをエサにしてたべているので、うまみも格別良いです。


明石の海の幸といえば、何を連想しますか?

筆者の場合は、やはり『明石鯛』や『明石ダコ』を連想します。

どちらも有名で、日本の中心、東京で有名な料亭でも頻繁に利用されていることは、言うまでもないことです。

ですが、最近、その明石タコに異変が起きています。

毎年、最盛期の7、8月に獲れる明石ダコが、今年になって、例年の5分の1の漁獲量しかないのです。


この状況を知ると、『このピンチを救う方法はないのかな?』と思います。

そんな不漁に陥っているタコを救うべく、地元漁協が独自の育成方法を開始しはじめました。


その方法とは、卵が詰まった明石ダコの放流です。それを、明石市の沖で9月から10月のはじめにかけて行いました。



明石ダコとは、明石市の近辺でとれるマダコのことです。

マダコだといっても、鍛えあがった太くて短い足が特徴的です。

どうして、鍛えあがるのかというと、明石海峡の潮の流れに耐えながら成長したことがその理由です。

そのおかげで、弾力のある食感とうま味がとても美味しいです。

明石ダコのなかには、1キロを超えるタコもいますが、地元の人々からすれば、全然珍しくないサイズです。
それだけ、明石ダコは品質が高いです。



明石ダコのとりかたのほとんどは底引き網漁で行われます。ほかにはタコつぼ漁や一本釣りもおこなわれていますが、この方法は、テレビでよく紹介されています。

効率重視になると、やはり、底引き網漁のほうが良いのでしょう。



通常では、明石市のマダコの漁獲量は全国一で、年間約1千トンを保ってきていました。

しかし、どうして漁獲量がそんなにも減ったのか、原因も考えられています。


今回の不漁の原因は、昨冬の海水温低下とみられています。

タコの子孫を増やす策として、放流をしていますが、本当は産地が違えば環境も異なるので、生物学的にも、明石の海で育ったタコが増える方が一番ベストなのでしょうが、背に腹はかえられません。



国内のサバ漁も活気がないみたいです。

漁業情報サービスセンターが、9月~10月上旬にかけて、全国的にサバ漁が伸び悩んだと報告しています。


9月の全国主要漁港の生鮮サバ類水揚げは今年は1万2000トン弱とされていて、この数字は例年(過去5年平均)の半分以下にしかなっていないのです。この調子では、10月も例年よりペースダウンが予測されています。

この原因は、海水温度が高いことが指摘されていますが、今後の動向では、上向く期待もされています。