うにの美味しさのカテゴリ記事一覧

日本は海に囲まれていますので、魚介が豊富です。こんなに海の幸に恵まれているので、堪能したいものです。

カテゴリ:うにの美味しさ

ウニ(海胆|海栗)が一番美味しい旬はいつでしょうか?

ウニ 雲丹



私は、美味しい雲丹を想像するだけで、幸せになるほどウニ好きです。((笑)

そんな魅力的なウニなのですが、ウニを食べるのに、一番美味しい旬をご存じでしょうか?

〇シローなどに行きますと、年中ありますから、旬というものがあることを忘れてしまいがちですよね。。。。。


ウニが獲れる場所は、日本各地の沿岸です。一番漁獲量が多い北海道だけでも、一年を通してどこかで漁が行われています。
ですので、一年を通して水揚げがあるので、通年市場に出回っているわけです。



ウニが実入りが良くて美味しくなる時っていうのは、産卵期を控えた頃です。これは、ウニに限らず、様々な魚にも適用されることです。

ウニの産卵期は、種類で若干の違いはありますが、大体、8月中頃から10月の間と言われています。

産卵期が8~10月の間ですので、ウニが最高に美味しく味わえる時期は、産卵期から逆算してみると
6月頃から8月頃までの夏場だということが分かってきます。

一般的にはそういうことですが、中には冬が旬の雲丹もありますので、もしお出かけする地域で旬のウニを召し上がりたい場合には、事前にチェックされることをおススメ致します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも食べているウニのオレンジ色の部分は、ウニにとってどこの部分になるのでしょうか?

それは(オレンジ色の部分)、ウニの生殖巣(卵巣と精巣)にあたる部分の事です。


あと、ウニって漢字が沢山あることもご存じだと思います。

一応、使い分けができていますので、ご紹介しておきます。


海胆は海で獲れるウニの中のオレンジ色をした「肝」の事を指します。

海栗はそのままの外見が毬栗(いがぐり)の様に見えることから来ているみたいです。

雲丹は生きたウニのことではなく、塩漬けや、ペーストなどの、ウニの食用部分(生殖巣)を加工したものを指しています。

※ちなみに、このウニを塩漬けにされた雲丹は日本の三大珍味の一つとして知られています。


あまり知られていない事ですが、日本の沿岸にはなんと100種類以上ものウニがいると言われています。

実際に市場に出回っているもの大部分はムラサキウニとキタムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニです。
食用になるのは主にムラサキウニとバフンウニです。


これぞ本物!本場北海道の塩水ウニです。安価なウニは、なぜ苦いのか?

ウニ 雲丹 通販



本場の雲丹(うに)は、甘くてクリーミー。そして、フワフワした感触がおいしくて、たまりません!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本物の 『獲れたてで、風味豊かに育った雲丹』を北海道自慢の、立派な雲丹が好評を呼んでいます。⇓ 




保存や型くずれ防止のためだけにミョウバンを添加されることで、

独特の薬臭さや苦さが出る場合がありますが、良い会社は、海水と同じ濃度の塩水に浸してパックしたものを送ってきてくれます。


※ミョウバンを使用していないので普通は二日ほどで溶けてしまいます。
でも、これが本物のウニの自然現象ですので、何よりの証拠です。

届いたその日、その時が一番の美味しさを味わうことができます。


今のフランス料理界の基礎を作ったとされる有名な料理人『ジョエル・ロブション』も、北海道のウニには感激しておられました。本物の美味しいものは、国境を越えてゆくのですね。


でも、この美味しさを知らない地元の日本人の人はまだまだいることも事実です。


私の場合、回転ずし屋さんのウニが本当に食べれなくなりました。とにかくニガく感じてしまいます。値段相応なのでしょうけれど。。。。。健康に害がないかはわかりません。




ここで、ウニのことで少し説明します。 美味しい理由には、こんな要素が隠れていました。


北海道の日本海側の良質な昆布を食べて育った、旬真っ只中の極上の「黄」と「白」


北海道の日本海側には対馬暖流が北上し、利尻昆布、細目昆布などの良質な昆布の産地として知られています。そんな料亭などで使われるようなおいしい昆布を食べて育ったうには当然のように美味しいのです。

その代表格は「黄」と呼ばれるエゾバフンウニと「白」と呼ばれるムラサキウニ。

一般的にウニの旬は6月~8月と言われていますが、黄と白の塩水うには、旬である6月~8月に漁期が訪れる日本海側の稚内、石狩、小樽近海のウニのことです。

濃厚な甘みが特徴の「黄」と、大粒であっさりとした味わいの「白」。ぜひとも食べ比べてみて下さい。







ウニの本当の美味しさをお届けする「塩水」ウニ

塩水ウニ3.jpg



残念ながら、うにが苦手という方がいらっしゃいます。
その多くはきっとミョウバンを使用したうにを召し上がって、その薬臭さや苦さから苦手になってしまったのではないでしょうか。

うには割ってみるまでその品質の良し悪しがわからない、当たり外れが多いものの為、お寿司屋さんなどでは保存や型くずれ防止のためにミョウバンが添加された、品質が一定しているものを使用することが多いのです。

お店によっては、ウニの本当の美味しさをお届けすべく、ミョウバンは使わず、しかしうにの劣化を防ぐために、剥いたそのままのうにを海水と同じ濃度の塩水に浸してパックしたものを届けてくれます。

きっと磯でうにを割って食べたような気分が味わえることでしょう。





美食市の塩水ウニは朝獲れ出荷

塩水ウニ 通販




ウニ漁は漁師さんが小舟に乗り、覗き眼鏡で海底のウニを探しながら捕獲するという非常に単純ながら熟練を要する漁法で行われています。

早朝水揚げされたうにはすぐに加工され、昼過ぎにはお客様のもとへ出荷されます。


生ウニとクリームの相性って、バツグンなのです!



ウニ おススメ 通販


新鮮でバツグンに美味しいウニは、タップリのウニと炊き立てご飯で『ウニ丼』にしますと、最高の贅沢を味わえますが、実は、生ウニとクリームの相性も最高に合いますので、ここは贅沢にも思い切って、『究極のウニクリームパスタ』を楽しまれるのも良いと思います。



ウニパスタ 美味しい 通販

パスタと絡める場合、生クリームは植脂のものより、動脂のもののほうが、コクが乗って美味しいです。

ウニは、お皿に盛り付ける直前に混ぜる感じが良いと思います。

クリーム自体の味付けには、コンソメで調整されるのがベストだと思います。

盛り付けられた上に、刻みのりをかければ、余計に風味が増します。

ご自宅で、お祝いのお集まりがあるときなどの特別なときに究極のパスタをご披露されても喜ばれると思います^^



Copyright © ぜいたくでウマい!美味しい海の幸 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。